最近チェックした商品
お問い合わせ

 : 0774-64-3753 (月〜金 14:00〜17:00)
メ-ルはこちら

 

■予約品■ 【パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1958 C11 171+14系「SL冬の湿原号」 8両セット 【特別企画品】

商品名 : ■予約品■ 【パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1958 C11 171+14系「SL冬の湿原号」 8両セット 【特別企画品】

製造元 : カトー

価格 : 39,930円(税込)

ポイント : 399

数量 :


 22,000円以上は配送料無料

ご予約商品について

・ご予約商品は余裕を持って発注いたしておりますが、メーカー側の生産数が極端に少なくなるなどにより入荷数がご注文数を下回る場合がございます。その際には、先にご注文をいただきましたお客様からお渡しをし、不足分につきましては、ご注文をお取り消しさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。
・発売予定日は目安です。発売日が遅れる場合もございます。あらかじめご了承下さい。また、発売中止になる場合もございます。その際にはご予約をお取り消しいたします。
・ご予約商品と通常商品を同時にご注文頂きました場合、すべての製品が入荷次第発送いたします。分割出荷は行っておりませんのでご注意下さい。製品ごとにご予約されることをおすすめします。
・製品内容、価格などは変更される場合がございます。
・クレジットカード払いの場合、ご注文の時点で決済を行います。商品発売前に引き落としされる場合がございますので、あらかじめご了承の上、ご予約下さい。
・残数表示は「ご予約受付の残り個数」です。在庫の個数ではございません。ご注意下さい。
・この商品は2024年11月頃発売予定ですが変更される場合がございます。
C11 171+14系「SL冬の湿原号」6両セット・特別企画品です。

当店で下記の加工を施した特製品です。
・ナックルカプラー化。※C11の前側はダミーです。
・パーツ取り付け済。
・行先シール貼り付け済。ご指定がない場合「SL冬の湿原号 釧路−標茶」とします。それ以外の行先をご希望の場合はコメント欄にその旨ご記入ください。

商品が到着すればすぐにお楽しみいただけます。
【商品特徴】
・令和4年(2022)1月の全検出場後の形態で製品化
・煙突の回転式火の粉止め、キャブ下の保護柵、デッキの北海道形の誘導員手スリなど、特徴的な外観を再現
・車体表記(製造銘板:昭和十五年/川崎車輛/製造No.2333他)を印刷でリアルに再現。区名板は「釧」を印刷済
・前位側・後位側ともにスノープロウ装備
・前位側はダミーカプラー、後位側はアーノルドカプラー標準装備。交換用にナックルカプラーとバック運転用アーノルドカプラー、ナックルカプラーなどを付属
・前照灯は前位側・後位側とも点灯(電球色LED採用)
・コアレスモーター搭載動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・「SL冬の湿原号」「SLすずらん号」のヘッドマークを付属
●14系500番台「SL冬の湿原号」
・リニューアル工事を受けた令和3年(2021)以降の形態を再現
・オハ14の車内に設置されただるまストーブと屋根上の煙突を再現。だるまストーブから見える火をLED点灯式で再現
・スハシ44は令和4年(2022)に「カフェカー」に改装された現在の形態。室内の車販カウンターとだるまストーブ(点灯式)を備えた内装を再現
・スハフ14は展望スペースの大窓、車体側面のルーバー、屋根上の発電エンジン取り外し用の蓋、排気煙管と排気口を再現
・スハフ14のテールライトは点灯式。テールマークは印刷で表現
・各車とも中間連結部は密自連形ボディマウントカプラー装備。スハフ14の機関車連結側はボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備。交換用ナックルカプラー、ジャンパ栓付属
・特別企画品の6両セットは特製のパッケージ仕様
・特別企画品には茶色のリレーラーを付属
【商品仕様】
スケール:1/150 9mm(Nゲージ)
商品形態:塗装済完成品
モーター:C11に搭載
ヘッドライト・テールライト:C11のヘッドライト、14系のテールライト点灯
室内灯:別売(11-211 LED室内灯クリア×4ヶ+11-213 LED室内灯クリア電球色 1両分入×1ヶ)
【商品編成】
←標茶
C11 171+スハフ14 505+スハシ44 1+オハ14 526+オハ14 519+スハフ14 507
【実車解説】
JR北海道では、会社発足直後の1988年にC62 3を動態復活。しかし、1995年に運転が終了。代わりに観光用の蒸気機関車を動態復活させることとなりました。1999年にC11 171を動態復活。留萌本線の「SLすずらん号」でデビュー。その後は道内各地で復活運転を行っていました。しかし、経営問題から2014年以降は「SL冬の湿原号」のみの運転となっています。
「SL冬の湿原号」は釧網本線 釧路〜標茶・川湯温泉間で運転。現在、客車は14系を茶色に塗ったものと、「SLニセコ号」から転用されたスハシ44の5両編成で使用されています。車内にはストーブも設置されています。
カトー C11 171・14系 SL冬の湿原号
■予約品■ 【バック運転対応・パーツ取付・ナックル化】 (N) 2021-1 C11 171
■予約品■ 【バック運転対応・パーツ取付・ナックル化】 (N) 2021-1 C11 171
■予約品■ 【バック運転対応・パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1958 C11 171+14系「SL冬の湿原号」 8両セット 【特別企画品】
■予約品■ 【バック運転対応・パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1958 C11 171+14系「SL冬の湿原号」 8両セット 【特別企画品】
■予約品■ (N) Z02-10053 C11 171 スノープロウ(前) ※メール便対応商品
■予約品■ (N) Z02-10053 C11 171 スノープロウ(前) ※メール便対応商品
■予約品■ (N) Z02-10066 C11 171 スノープロウ(後) ※メール便対応商品
■予約品■ (N) Z02-10066 C11 171 スノープロウ(後) ※メール便対応商品
■予約品■ 【パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1957 14系500番台 「SL冬の湿原号」 5両セット
■予約品■ 【パーツ取付・シール貼付・ナックル化】 (N) 10-1957 14系500番台 「SL冬の湿原号」 5両セット
■予約品■ 【パーツ取付・ナックル化】 (N) 2021-1 C11 171
■予約品■ 【パーツ取付・ナックル化】 (N) 2021-1 C11 171